代表者プロフィール

久保田大介(Daisuke Kubota)
有限会社PM工房社 代表取締役

1967
1967年生まれ。明治大学文学部演劇学科卒。
1990
卒業後「演劇プロデューサーになりたい」という夢を抱いていたが、「一度は社会に出て、ビジネスの基礎をしっかりと身につけるべき」という父の助言に従い、東急リバブル株式会社に入社。
あまたある仕事の中で不動産業を選んだのは、子どものころから家づくりに強い関心を持っていたため。
同社で売買仲介業務に携わり、不動産の基礎を学ばせていただく。
不動産業の面白さに目覚めつつあったが、自身の初志を全うしたいと考え2年で退職。
1992
1992年4月、企業が行う芸術文化支援(メセナ)活動を推進すべく設立された社団法人企業メセナ協議会に入社。
企業の文化支援担当者や演劇人との人脈を築く目的で仕事を始め、約10年間、美術や音楽など演劇以外の芸術分野の支援にも取り組み、アートの楽しさを知る。
しかしこの間、演劇界で働く方々の生活の厳しさを目の当たりにし、「三度の飯より演劇が好き」というほどの情熱がなければ生涯従事していくことはできないことに気付く。
2001
悩み抜いた末、演劇プロデューサーになるという夢をあきらめ、2001年5月、株式会社大徳産業に入社。
不動産競売の第一人者である鈴木司郎社長に師事し、競売や借地権などのコンサルティングを学ぶ。
2002
諸事情あって同社にお世話になり続けることができなくなり、2002年7月、PM工房社の前身にあたる有限会社を設立。
不動産コンサルティング事業に取り組むも、経験不足は否めず1年余りで挫折。
2003
この頃、賃貸業のことを何も知らないがために苦労することが多く、ならば基礎から学び直そうと思い定め、2003年12月、賃貸管理(PM)専業会社であるユニオン・メディエイト株式会社に入社。
PM事業部でマネジャーとして約11年間、PM業務に携わる。
2012
2012年8月、休眠会社にしていた有限会社を再興(社名を「PM工房社」と改める)。
ユニオン・メディエイト社と業務委託契約を結び、PM事業部のマネジメント業務を継続。
2014
2014年4月、同社との業務委託契約を解除させていただき独立。
以後、PM事業を根幹にしつつ、売買仲介、新築コンサルティングにも取り組み、現在に至る。
考え方の甘さゆえ、挫折、挫折の連続で真っ直ぐ一本道を歩むことができずに来たが、いつか全ての分野の業務経験を結実させ、自分ならではの事業を創り上げたいというのが願い。

president

会社概要

社名
有限会社 PM工房社
代表者
代表取締役 久保田大介
設立
平成14年7月
資本金
500万円
事業内容
(1)不動産賃貸管理(プロパティ・マネジメント)業務
(2)不動産の売買並びに賃貸借の仲介業務
(3)不動産の利用に関する企画・設計及びコンサルティング業務
(4)建物の内外装工事・設備工事の請負業務
(5)損害保険代理店業務
(6)上記各号に付帯する一切の業務
所在地
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7-1F インスクエア池袋001号室
連絡先
TEL:03-4590-7868/FAX:03-6869-7104
免許番号
宅地建物取引業免許 東京都知事(1)第96492号
取引銀行
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
所属団体
公益社団法人全日本不動産協会
個人情報保護方針
個人情報保護方針についての詳細はこちらから

▲ページトップへ